黒 にんにく 効果 うつ

【黒にんにくがうつ病に効果あり!?】食べるだけで改善・予防?

黒にんにく 効果 うつ

 

黒にんにくには、

・疲労回復効果

・アンチエイジング効果
・癌予防
・免疫力の向上
・ストレス耐性の向上

という魅力的な効果がたくさんあります。

 

そんな黒にんにくは、現代の深刻な問題でもある「うつ病」にも効果があるんです。

 

それは、黒にんにくのどの成分のどんな効果でしょうか?

 

そして、効果的な摂取法はあるんでしょうか?

 

今回の記事では、それをご紹介してまいります。

 

 

この記事でわかること。
・黒にんにくのどの成分のどんな効果が「うつ」に効果があるの?
・効果的な黒にんにくの摂取法は?

 

「うつ」に効果のある食品を探している方や、黒にんにくの効果について知りたい方はぜひ最後までご覧ください。

 

 

今回ご紹介する内容は次の通りです。

 

 

 

まずは、黒にんにくについて簡単にご紹介します。

 

黒にんにくとは?

黒にんにく 効果 うつ
黒にんにくは、わたしたちが普段良く目にする白いにんにくを高温で熟成することでできます。

 

ニオイはほとんどなく甘くてドライプルーンのような味です。

 

黒にんにくになることでつぎの成分が増加します。

・S-アリルシステインが16倍に

 

・ポリフェノールが6.3倍以上に

 

・アルギニンが3.5倍以上に

 

 

 

黒にんにくは本当にうつに効果がある!?

黒にんにく 効果 うつ
黒にんにくには「うつ」に効果的な成分が2つ含まれています。

 

その成分とその働きをご紹介します。

 

1つ目は「S-アリルシステイン」という成分です。

 

S-アリルシステイン

 

「S-アリルシステイン」という成分は、にんにくを熟成して黒にんにくにんにくになることで16倍にも増加する成分なのですが、つぎのような効果があります。

 

1.悪玉コレステロールを減らす

 

2.動脈硬化を予防し血栓を防ぐ

 

3.脳の萎縮を抑え、学習能力を高める

 

4.ストレスへの抵抗力を高める
ストレスに強くなることで不眠や神経性の下痢から解放されます。

 

5.抗疲労作用

 

6.免疫力を強化する

 

7.認知症を予防する

 

8.抗酸化作用をもつ

 

9.インスリン分泌促進作用、抗癌作用(乳がん、黒色腫、神経芽細胞腫)

 

 

この中で今回注目するのが「4ストレスへの抵抗力を高める」という効果です。

 

 

「うつ病」が発症、悪化する一番の原因はストレス。

 

ストレスのない生活を送ることができれば一番いいのですがなかなかそういうわけにいきません。

 

「S-アリルシステイン」の「4.ストレスへの抵抗力を高める」という効果は、「うつ」の予防、改善には最適な効果であるといえます。

 

 

トリプトファン

 

つぎに「トリプトファン」という成分をご紹介します。

 

 

黒にんにくには「トリプトファン」という成分がたくさん含まれています。

 

この「トリプトファン」は緊張やストレスを感じた時に「セロトニン」という脳内物質の分泌を促す働きがあります。

 

「セロトニン」は精神を安定させる効果があり心にやすらぎを与えて、ストレスを減らしてくれる物質です。

 

逆にこの「セロトニン」の分泌量が減ると「うつ病」を発症する危険性が高まります。

 

日頃から「トリプトファン」を摂るようにこころがけ、「セロトニン」の分泌を促すのが「うつ」にならないために非常にたいせつです。

 

 

まとめ

 

黒にんにくには「うつ」の予防、改善に大変効果のある「S-アリルシステイン」「トリプトファン」という成分が含まれています。

 

「うつ」の予防、改善には、日頃から質の良い黒にんにくを食べておくことをおすすめします。

 

わたしがおすすめする最高品質の黒にんにくはこちらの記事でご紹介しています

 

 

 

 

おすすめの黒にんにくの摂り方は?

 

黒にんにくには、

・ストレスへの抵抗力を高める

・こころにやすらぎを与えて「うつ病」の発生を抑える「セロトニン」の分泌を促す

という効果の他にも

 

1.疲労回復効果が白いにんにくの4倍

2.発癌抑制効果
3.免疫力の向上(病気にかかりにくくなったり、かかっても早く治る)
4.アンチエイジング効果(抗酸化作用)
5.スタミナアップ
6.滋養強壮
7.動脈硬化を予防し血栓を防ぐ
・・・etc

という素晴らしい効果があります。

 

 

ただし、それはしっかりした専門業者が「温度」「熟成期間」などの研究を重ねて栄養がもっとも増加する方法で作った黒にんにくだけです。

 

同じ黒にんにくでもつぎのようなものは栄養・効果が全然違います。

 

・炊飯器などで自作したもの
・あやしい業者から買った安いもの

 

 

黒にんにくの有効な成分が増える温度帯は決まっています。

 

その温度帯から外れると「黒にんにく」にはなりますがただ黒いだけで「S-アリルシステイン」「ポリフェノール」「アルギニン」などの成分はあまり増加しません。

 

 

そこで、高い効果をお求めの方のために
本当におすすめできる黒にんにくをご紹介してさせていただきます。

 

本当におすすめできる黒にんにくはこちらの記事で詳しくご紹介しています

 

 

 

いますぐ最高品質の黒にんにくを買いたい方はこちらいますぐ最高品質の黒にんにくを買いたい方はこちら